恋人を作るよりもセフレを作ったほうがいろいろ捗る

わたしが住んでいる京都は、どこに行っても外国人観光客が増えてしまいましたので、セックス目的でうろつくには適さない街になってきたと感じています。
だから、掲示板でセフレを見つければ、デートしなくていいかなと考えたんですね。
セフレにしてしまえば女性とはホテルで会うだけで完結するはずなんですよ。
しばらく付き合えば、どちらかの家でもいいですよね。
セフレを作るようになってからは、ろくにデートすることもなくなりました。
まだ自宅に誘うほど親しくなったセフレはいませんけどね(笑)。

京都セフレ掲示板で知り合った女性と一戦交える前に腹ごしらえ

ただ、このときの女性とデートの約束をしたのは仕事終わりの時間帯になりました。
初対面でいきなりホテルに行ってセックスする前に、腹ごしらえをしようということにしたんですね。

その夜は七条通りで待ち合わせました。
いきなりホテルに行くわけではありませんが、彼女に内緒でホテルからも近い居酒屋に入ったんですね。
そのお店はホテルから近いというだけで選んだお店でした。
わたしも彼女も行ったことがないお店でしたので、そのお店のことは触れないでおきます。
お腹が落ち着くくらい食べたところでお愛想しました。

京都セフレ掲示板で知り合った女性は巨乳の持ち主

セフレ掲示板で知り合って食事をした彼女は、とても胸の大きな巨乳の女性でした。
顔を合わせてすぐにそちらが気になりましたから、食事よりも早くそっちを食べちゃいたいところでしたね。
髪をショートにしていて活発な印象で、普通に話していても楽しい時間を過ごせました。
食事中も向かい合った席に座ったわたしの膝に自分の膝を当ててきたりと、彼女のペースに呑まれそうでしたよ。
というか、飲まれました。
それで食事のことが記憶から抜けたのかもしれないですね。

京都セフレ掲示板で知り合った女性のまるで山のような巨乳に襲い掛かる

目論みどおりに食事の後はホテルに行くことができました。
彼女も最初からその気だったので、すぐにわたしの腕に自分の腕を絡めてきましたよ。
不意打ちでしたね。

ホテルで服を脱ぐと、彼女はセクシーな下着を着ていました。
すごく布の面積が小さかったです。
今日は始めからセックスするつもりだったようでした。

下着を脱がす前に、身に着けたまま押し倒しましたよ。
そしてパンツをずり下ろしました。
ブラジャーも上にずらそうとしたんですけど、そこは巨乳。
ホックを外してから持ち上げないといけませんでした。
そして、目の前に現れた二つの小山に襲い掛かりましたよ。
彼女の巨乳は、大きいのに弾力があって、仰向けになっても型崩れをしていませんでした。
だから、乳首にしゃぶりついても安心でしたよ。